Developer Center > スタートアップガイド > ロケーション

ここから本文です

ロケーション

Yahoo!プロモーション広告のアカウントは、複数のコロケーションに分散しています。
広告主のアカウントは、これらのコロケーションの1つが割り当てられます。
APIにリクエストを送信するには、LocationServiceを使用して、アカウントに割り当てられているコロケーションのURL接頭部を入手する必要があります。
入手したロケーション情報をURL接頭部(ドメイン部)に設定してリクエストを実行します。

ロケーション情報の取得と操作したいServiceの実行方法

1. LocationServiceを実行して操作対象のアカウントのロケーション情報を入手します。
リクエストを送信するには、LocationServiceのWSDLに記載されたメインURLを使用してください。

2. 取得したロケーション情報の設定して操作したいServiceを実行します。
ローカルURLを使用してリクエストを送信します。
ローカルURLを作成するには、 LocationServiceを使用して、アカウントに割り当てられたコロケーションのURL接頭部(ドメイン部)を入手します。
次に、URL接頭部を現行バージョンおよび特定のサービス名と組み合わせて、ローカルURLを作成します。

ロケーション情報の取得における注意事項

ロケーション情報の有効期間は明示的には決まっていません。
ただし頻繁に変更されるものではありませんので、各処理の度に取得する必要はなく、無効になった時点で取得しなおすようにしてください。

本文はここまでです このページの先頭へ