Developer Center > スタートアップガイド > アプリケーションアカウント

ここから本文です

アプリケーションアカウント

アプリケーションアカウントは、自動入札ツールなど外部の運用ツールから広告主アカウントへAPIでアクセスする際に必要となるAPI専用の認証用アカウントです。
アプリケーションアカウントは、アクセス対象の広告主または広告主アカウントを運用する代理店が作成します。
なお、外部の運用ツールを利用せず、自社で運用管理している広告主アカウントへのアクセスにはアプリケーションアカウントでの認証は不要です。

アプリケーションアカウントでの認証アクセスが必要となるAPI利用形態

自社で管理していないアカウントに対し、広告主もしくは広告主アカウントを運用する代理店ユーザーの代わりにAPIでアクセスする際は、アプリケーションアカウントを利用した認証(代行認証)が必要になります。
具体的には、以下のケースが該当します。

・自動入札ツールなどを外販している場合
・広告の運用代行をしている場合

広告主または代理店との連絡について

作成されたアプリケーションアカウントおよびパスワードは、アクセス対象の広告主または広告主アカウントを運用する代理店から通知してもらう必要があります。

プロダクション環境用のアプリケーションアカウント設定について

アプリケーションアカウントの発行は、外部の運用ツールを利用するエンドユーザー自身(代理店または広告主)がYahoo!プロモーション広告 広告管理ツールで発行するものです。
外部の運用ツールを提供するサービスプロバイダーは、エンドユーザーにアプリケーションアカウントの発行を事前に依頼してください。
詳しい操作は以下のヘルプを参照してください。

・スポンサードサーチ:アプリケーションアカウントの作成方法
・Yahoo!ディスプレイアドネットワーク:アプリケーションアカウントについて

本文はここまでです このページの先頭へ