Developer Center > お知らせ > ディスプレイ広告 販売制限の変更について

ここから本文です

2020年05月14日

ディスプレイ広告 販売制限の変更について

文書管理番号:APIJ-FY20-2027

お客様各位

平素は弊社サービスに多大なるご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

このたび弊社では、ディスプレイ広告の一部商品について販売制限方法を変更
します。詳細を下記のとおりお知らせいたしますので、ご確認ください。

今後ともYahoo!広告をよろしくお願いいたします。

                記

1. 対象サービス:
 ディスプレイ広告(運用型)
 ディスプレイ広告(YDN)

2. 実施日(予定):
 2020年6月15日(月)
 ※日程は変更になる場合があります。

3. 概要:
 ディスプレイ広告の一部商品で設定している「販売制限」を、「掲載制限」
 に変更します。また、対象となるカテゴリーも一部変更します。

 掲載制限とは、掲載面単位で制限対象となる商品・サービスのカテゴリーを
 設定することで、広告の掲載を制限する機能です。

 従来の販売制限では、制限対象となる商品・サービスのカテゴリーで広告を
 入稿した場合、カテゴリー自体を理由として審査で否認していました。
 掲載制限では、カテゴリーに対する審査否認がなくなり、掲載面によって対象
 となるカテゴリーが設定されます。このため、従来は審査で否認されていた
 カテゴリーの広告でも、掲載面によっては掲載可能となる場合があります。

 掲載制限に変更となるキャンペーン目的や広告商品などは、以下のとおりです。

 ・運用型
  商品リスト訴求
  PCブランドパネル(静止画)
  PCブランドパネル(動画)
  PCブランドパネル(動的ディスプレイ広告)
  ※インフィード枠に配信される「レスポンシブ(動画)」については、販売
  制限が撤廃され、かつ掲載制限の対象外となります。

 ・YDN
  動的ディスプレイ広告
  PCブランドパネル(静止画)
  PCブランドパネル(動画)
  PCブランドパネル(動的ディスプレイ広告)
  ※動画広告からは販売制限が撤廃され、かつ掲載制限の対象外となります。

 広告商品や広告タイプによって、掲載制限のカテゴリーは異なります。また
 カテゴリーによっては、掲載制限によりインプレッションが減少する場合が
 あります。詳細はリリースノートでご確認ください。
 https://promotionalads.yahoo.co.jp/support/release/832321.html

4. 注意事項:
・今回の変更に伴う広告の再審査はありません。上記の実施日より、掲載制限
 が適用されます。

・動的ディスプレイ広告(運用型の場合はキャンペーン目的が「商品リスト
 訴求」)では、商品リストから制限対象となるカテゴリーのアイテムを除外
 してください。商品リストに制限対象となるアイテムが含まれていると、
 広告を掲載できない場合があります。

・ディスプレイ広告(運用型)は、一部のお客様にのみ提供しています。

・PCブランドパネル(動的ディスプレイ広告)は、一部のお客様にのみ提供して
 います

                              以上

Text ends here Top of page