Developer Center > お知らせ > 検索広告 動的検索連動型広告の機能追加について

ここから本文です

2020年04月15日

検索広告 動的検索連動型広告の機能追加について

文書管理番号:APIJ-FY20-2007

お客様各位

平素は弊社サービスに多大なるご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。
このたび弊社では、検索広告の動的検索連動型広告において、対象となるウェブ
ページの指定方法を追加しました。詳細を下記のとおりお知らせいたしますので、
ご確認ください。

今後ともYahoo!広告をよろしくお願いいたします。

                記

1. 対象サービス:
 Yahoo!広告 検索広告

2. 実施日:
 2020年4月14日(火)

3. 概要:
 動的検索連動型広告の対象となるウェブページを指定する方法において、
 「ドメイン全体」「ドメイン全体とページフィードを併用」の試験提供を開始
 しました。

 「ドメイン全体」では、キャンペーンにウェブサイトのドメイン(サイトトップ
 のURL)を指定することで、ドメイン配下の全ウェブページを動的検索連動型
 広告の対象に設定できます。
 従来のページフィードでは、配信対象となるウェブページのURLをリストにして
 指定する必要がありました。「ドメイン全体」ではリストを作成する必要がな
 く、広告運用の手間を省けます。
 
 「ドメイン全体とページフィードを併用」では、ドメイン全体とページフィー
 ドを併用することで、運用の手間を省きながら、広告配信の可能性を高めます。

4. 注意事項:
 ・ドメイン配下のウェブページは、ページフィードに登録したウェブページと
  同様に、審査の対象となります。
 ・「ドメイン全体」「ドメイン全体とページフィードの併用」は、試験的に提
  供している機能です。
  正式提供に向けて性能を調整しているため、ドメイン配下のウェブページに
  よっては広告が配信されない場合があります。その場合はキャンペーンに
  ページフィードを設定してください。
  詳しくは以下のヘルプをご参照ください。
   対象指定時の「ドメイン全体」について
   https://ads-help.yahoo.co.jp/yahooads/search/articledetail?lan=ja&aid=60448

5. 補足:
 ・「ドメイン全体」「ドメイン全体とページフィードの併用」は広告管理ツー
  ルでのみ利用できます。キャンペーンエディターおよびYahoo!広告 APIでは、
  2020年夏ごろの対応を予定しています。詳細が決まりましたら、追ってお知
  らせします。

 ・動的検索連動型広告は、あらかじめ指定したサイトのコンテンツと関連性の
  高い検索キーワードに対して、広告のタイトルを自動的に生成して配信する
  広告です。情報の豊富なサイトや多くの商品、サービスを取り扱うサイトで
  高い効果を期待できます。詳しくは以下のヘルプを参照してください。
   動的検索連動型広告のメリットと仕組み
   https://ads-help.yahoo.co.jp/yahooads/ss/articledetail?lan=ja&aid=20994

 ・「ドメイン全体」などの詳細については、以下の資料(PDFファイル)も
  ご確認ください。
   https://s.yimg.jp/images/promotionalads_edit/support/pdf/202004YSA_DSA.pdf

                              以上

Text ends here Top of page