Developer Center > お知らせ > ディスプレイ広告 Yahoo!ニュースのURL変更に伴う対応について

ここから本文です

2020年03月04日

ディスプレイ広告 Yahoo!ニュースのURL変更に伴う対応について

文書管理番号:APIJ-FY19-2104

お客様各位

平素は弊社サービスに多大なるご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

このたび弊社では、Yahoo!ニュースにおいて一部のページのURL変更を予定
しております。それに伴うディスプレイ広告のターゲティング設定、および
パフォーマンスレポートへの影響についてご連絡いたします。
詳細を下記のとおりお知らせいたしますのでご確認ください。

今後ともYahoo!広告をよろしくお願いいたします。

               記

1. 対象サービス:
 ディスプレイ広告(YDN)
 ディスプレイ広告(運用型)

2. APIの対応バージョン
 Yahoo!プロモーション広告API YDN API V201911
 Yahoo!広告 ディスプレイ広告 API v1

3. URL変更期間(予定):
 2020年4月1日から5月末にかけて順次変更されます。
 ※日程は変更になる場合があります。

4. 概要:
 Yahoo!ニュースの記事ページなどに使用されているURL「headlines.yahoo.co.jp」
 が変更になります。変更後は、すでにニューストップや記事一覧ページ
 で使用されているURL「news.yahoo.co.jp」に統一されます。
 なお、URLは順次切り替えが行われるため、変更期間中は以下2つのURLの
 どちらも使用される予定です。

 (変更前)headlines.yahoo.co.jp
 (変更後)news.yahoo.co.jp

 このURL変更に伴い、ディスプレイ広告では以下の影響が発生します。
 必要に応じて、設定変更などのご対応をお願いいたします。

 (1)プレイスメントターゲティングへの影響
 プレイスメントターゲティングで「headlines.yahoo.co.jp」を配信または
 除外に設定している場合、URL変更に伴い、配信または除外が無効になり
 ます。あらかじめ変更後の「news.yahoo.co.jp」も対象URLに追加してくだ
 さい。
 ・プレイスメントリストの更新は、PlacementUrlListServiceで行えます。
 ・すでに「news.yahoo.co.jp」を設定済みの場合は、ご対応は不要です。
 ・「headlines.yahoo.co.jp/hl」「headlines.yahoo.co.jp/cm」など第2
  階層まで指定している場合、変更後のURLは「news.yahoo.co.jp/articles」
  とご設定ください。なお、本変更により第2階層は共通化されるため、
  第2階層の指定により配信と除外を分けることはできません。ご了承ください。

 (2)パフォーマンスレポートへの影響
 ReportDefinitionServiceでは、広告の掲載先が確認できる「配信先URL
 レポート」の「DELIVER_URL(配信先URL)」において、配信数が変化し
 ます。
 ・「headlines.yahoo.co.jp」への配信数が徐々に減少し、URL変更完了後
  は0になります。
 ・「news.yahoo.co.jp」への配信数が増加します。

5. 補足:
 プレイスメントターゲティングについては、以下のヘルプをご参照ください。
 https://ads-help.yahoo.co.jp/yahooads/ydn/articledetail?lan=ja&aid=1353
 広告配信先レポートについては、以下のヘルプをご参照ください。
 https://ads-help.yahoo.co.jp/yahooads/ydn/articledetail?lan=ja&aid=1431

                              以上

Text ends here Top of page