Developer Center > お知らせ > 審査コードの桁数変更について

ここから本文です

2019年12月16日

審査コードの桁数変更について

■更新履歴:
2020年2月12日:この件の実施日が決定しました。詳細は以下を参照してください。
https://biz.marketing.yahoo.co.jp/developercenter/news/812712/

2019年12月16日:この件について実施日を延期いたします。
新たな実施日は2020年初頭の予定ですが、詳細が決まり次第、改めてお知らせいたします。
お客様にはお手数をおかけして申し訳ありません。

2019年11月20日:記事の掲載を開始しました。
---------------
お客様各位

平素は弊社サービスに多大なるご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

このたび弊社では、Yahoo!プロモーション広告APIおよびYahoo!広告 APIにおいて、
審査否認理由コードの桁数を変更します。詳細を下記のとおりお知らせいたします
ので、ご確認ください。

今後ともYahoo!プロモーション広告をよろしくお願いいたします。

               記

1. 対象サービス:
 ・スポンサードサーチAPI
 ・YDN API
  ※サンドボックス環境、プロダクション環境の両方が対象です。

 ・Yahoo!広告 API

2. 対象のバージョン:
 公開中の全てのバージョン

3. 実施日(予定):
 2019年12月18日(水)
 ※日程は変更になる場合があります

4. 概要:
 Yahoo!プロモーション広告APIおよびYahoo!広告 APIについて、
 disapprovalReasonCode(審査否認理由コード)の桁数を、以下のとおり変更
 します。

  変更前:4桁
  変更後:8桁

 変更後は、返却されるdisapprovalReasonCode数が現在の1,000件前後から2万件
 前後に増加します。

 ※disapprovalReasonCodeは、DictionaryServiceのDisapprovalReasonオブジェ
 クトで利用する、審査否認理由を示すコードです。

5. 補足:
 変更前(4桁)のdisapprovalReasonCode も、引き続きdisapprovalReasonCode
 の一部として提供します。ただし、将来的には8桁に統一するため、お客様の
 環境やツールでご利用の場合は、早めのご対応をご検討ください。

                              以上

Text ends here Top of page