Developer Center > お知らせ > スポンサードサーチ 広告表示オプションなどの登録上限数変更について

ここから本文です

2019年06月20日

スポンサードサーチ 広告表示オプションなどの登録上限数変更について

文書管理番号:APIJ-FY19-1921

お客様各位

平素は弊社サービスに多大なるご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

このたび弊社では、スポンサードサーチの広告表示オプション、
データ自動挿入リストのデータ行数、ページURLにおいて、
1アカウントごとの登録上限数を変更いたしました。
詳細を下記のとおりお知らせいたしますのでご確認ください。

今後ともYahoo!プロモーション広告をよろしくお願いいたします。

                記

1. 対象サービス:
 スポンサードサーチ

2. 実施日:
 2019年6月17日(月)

3. 概要:
 以下の機能について、1アカウントにおける入稿上限数を変更いたしました。
 ・広告表示オプション
 ・データ自動挿入リストのデータ行数(アドカスタマイザーで利用)
 ・ページURL(動的検索連動型広告で利用)

 (変更前)
  ・広告表示オプションとデータ自動挿入リストのデータ行数を合算して、
   1アカウントにつき100万件まで登録可能。
  ・ページURLは1アカウントにつき300万件まで登録可能。

 (変更後)
  広告表示オプション、データ自動挿入リストのデータ行数、ページURLを合算して、
  1アカウントにつき500万件まで登録可能。

4. 補足:
 各機能の詳細は、以下のヘルプをご参照ください。
 ・広告表示オプションとは
 ・アドカスタマイザーについて
 ・ページフィードとは

                              以上

Text ends here Top of page