Developer Center > お知らせ > YDN API V201907 システムリリースのお知らせ

ここから本文です

2019年06月06日

YDN API V201907 システムリリースのお知らせ

文書管理番号:APIJ-FY19-1943

お客様各位

平素は弊社サービスに多大なるご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

このたび弊社では、YDN APIにおいて新バージョンをリリースいたします。詳細
を下記のとおりお知らせいたしますので、ご確認ください。

今後ともYahoo!プロモーション広告をよろしくお願いいたします。

               記

1. 対象サービス:
 YDN API サンドボックス環境
 YDN API プロダクション環境

2. リリースのバージョン:
 V201907(WSDLバージョン V201907)

3. 実施日(予定):
 2019年7月下旬~8月上旬
 ※詳細な日程は決まり次第お知らせいたします。
 また、日程は変更になる場合があります。

4. 概要:
 新バージョンでの機能追加および変更は、以下のとおりです。

 ※同日に予定しているYahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)の機能
 改善と連動しています。YDNの機能改善について、詳細は以下でご確認くだ
 さい。
 https://promotionalads.yahoo.co.jp/support/release/677944.html

■動的ディスプレイ広告の機能改善
 動的ディスプレイ広告の商品リストファイルのアップロードで、デバッグ
 モードに対応します。また、ファイルのアップロード経路やエラー発生率、
 取り込み完了日時などが取得可能になります。

■画像・動画のアスペクト比による入稿
 YDN APIで公開中の全バージョンにおいて、画像・動画のアスペクト比による
 入稿に対応します。また、これに伴い以下の変更を実施します。

 ・DictionaryService(V201907):
 getMediaAdFormatで、アスペクト比による入稿が可能かを示すフラグ、アス
 ペクト比、最大画像サイズなどの取得に対応します。

■PCブランドパネルの入稿
 YDN APIから広告掲載方式「PCブランドパネル」の入稿に対応するため、以
 下の変更を実施します。

 ・CampaignService(公開中の全バージョン):
 「PCブランドパネル(静止画)」、「PCブランドパネル(動画)」のキャン
 ペーンの作成、取得、更新、削除が可能になります。
 ・AdGroupAdService(V201907):
 バナー(動画)広告の作成、取得、更新、削除が可能になります。
 ※「PCブランドパネル」は一部のお客様のみに提供している広告掲載方式で
 す。広告管理ツールでキャンペーンの作成時に、広告掲載方式「PCブランド
 パネル(静止画)」「PCブランドパネル(動画)」が表示されないお客様は
 ご利用になれません。

■効果測定指標の追加、変更
 パフォーマンスレポートや統計情報に使用する測定指標を追加、変更します。

 ・計測方法の変更
 以下の指標について、計測方法をクライアントサイド計測に変更します。
  - インプレッション数
  - クリック率
 ※2019年6月30日以前の数値は取得できません。
 ※従来のサーバーサイド計測の数値は、新たに追加する「インプレッション
 数(旧)」「クリック率(旧)」でご確認ください。

 ・定義の変更
 平均CPVの定義を、従来の「動画再生にかかったコスト÷課金が発生した動
 画再生数」から、「動画再生にかかったコスト÷動画の10秒再生数」に変更
 します。
 ※動画の10秒再生数は、課金が発生した動画再生数と同様です。

 ・指標の追加
 新たに以下の指標を追加します。

日本語表示名パフォーマンスレポートのフィールド名統計情報のフィールド名説明
インプレッション数(旧) IMPS_PREV impsPrev サーバーサイド計測によるインプレッション数。
2019年6月30日以前のインプレッション数は、この指標でご確認ください。
クリック率(旧) CLICK_RATE_PREV clickRatePrev サーバーサイド計測によるクリック率。
2019年6月30日以前のクリック率は、この指標でご確認ください。
メジャードインプレッション数 MEASURED_IMPS measuredImps クライアントサイド計測による、ビューアブルインプレッション数の計測が可能なインプレッション数
メジャードインプレッション測定率 MEASURED_IMPS_RATE measuredImpsRate クライアントサイド計測による、インプレッションに対するメジャードインプレッションの測定率。
ビューアブルインプレッション率 VIEWABLE_IMPS_RATE viewableImpsRate クライアントサイド計測による、ビューアブルインプレッション数の計測が可能なインプレッション率。
ビューアブルクリック数 VIEWABLE_CLICK viewableClicks クライアントサイド計測による、ビューアブルインプレッションに対するクリック数。
ビューアブルクリック率 VIEWABLE_CLICK_RATE viewableClickRate クライアントサイド計測による、ビューアブルインプレッションに対するクリック率。
動画の10秒再生数 VIDEO_VIEWS_TO_10_SEC videoViewsTo10Sec 動画が10秒以上再生された回数。
※課金が発生した動画再生数と同数になります。


■一部のAdtypeに関する名称の変更
 YDNでの広告タイプの名称変更に伴い、一部のEnum名およびEntity名を変更
 します。詳細は以下のとおりです。
 ※従来の名称→変更後の名称で表記

 ・AdType のEnum名の変更
  - RESPONSIVE_AD → RESPONSIVE_IMAGE_AD
  - VIDEO_AD → RESPONSIVE_VIDEO_AD
  - NONE → BANNER_IMAGE_AD

 ・Entity名の変更
  - None → BannerImageAd
  - ResponsiveAd → ResponsiveImageAd
  - VideoAd → ResponsiveVideoAd

 実施日以降、公開中の全バージョンのインポート用テンプレートおよび操作
 履歴でも、上記の名称に変更されます。なお、インポート用テンプレートを
 使ったインポートでは、従来の名称も利用可能です。

■アニメーションGIF画像のアップロード停止
 アニメーションGIF画像のアップロード停止に伴い、DictionaryServiceの
 getMediaAdFormatから「animation」フィールドを廃止します。

■保守対応
 ・レポート関連サービスの統合
 ReportServiceをReportDefinitionServiceと統合します。以後のレポート定
 義とレポートジョブは、ReportDefinitionServiceで作成します。
 詳細は、以下の仕様ドキュメントでご確認ください。
 - リファレンス
 https://github.com/yahoojp-marketing/ydn-api-documents/blob/201907_reportdefinition/docs/ja/api_reference/services/ReportDefinitionService.md
 - ベストプラクティス
 https://github.com/yahoojp-marketing/ydn-api-documents/blob/201907_reportdefinition/docs/ja/bestpractice/ydn_report.md
 なお、wsdlの定義は変更となる可能性があります。お手数ですがリリース時
 にご確認ください。

 ・定期レポートの実行を停止(公開中の全バージョン)
 V201806以前に作成した定期レポートについて、intervalTypeをONETIMEに
 変更します。これにより、定期レポートの実行はすべて停止されます。

 ・LocationServiceの廃止
 先般、「LocationService変更のお知らせ(文書管理番号 APIJ-FY19-1934)」
 にてお知らせしたとおり、V201907にてLocationServiceを廃止します。
 詳細は以下のDeveloperCenter記事でご確認ください。
 https://biz.marketing.yahoo.co.jp/developercenter/news/676678/

■機能名・効果測定指標名の変更
 一部の機能と効果測定指標の名称を変更します。詳細は以下でご確認くださ
 い。
 https://promotionalads.yahoo.co.jp/support/release/677944.html

 これに伴い、統計情報(StatsService)で以下項目の名称を変更します。
  - totalClickCost → cost
  - avgClickCost → avgCpc

5. 補足:
 各機能に関する詳細は、リリース時に公開されるリリースノート、および
 仕様ドキュメントをご確認ください。

                              以上

Text ends here Top of page