Developer Center > お知らせ > スポンサードサーチ 自動入札におけるデバイス別入札価格調整率の有効範囲拡大 開始のお知らせ

ここから本文です

2019年05月07日

スポンサードサーチ 自動入札におけるデバイス別入札価格調整率の有効範囲拡大 開始のお知らせ

(2019年5月7日更新)
2019年4月26日に本件の実施を完了しました。
------------------------------------------------------------
文書管理番号:APIJ-FY19-1912

お客様各位

平素は弊社サービスに多大なるご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

先般、「スポンサードサーチ 自動入札におけるデバイス別入札価格調整率
の有効範囲拡大 実施日のお知らせ(文書管理番号:APIJ-FY18-2080)」
にてご案内した機能改善につきまして、以下のとおり開始いたしました。
事前のお知らせから、実施方法が変更されております。詳細を下記にてご
確認ください。

今後ともYahoo!プロモーション広告をよろしくお願いいたします。

                記

1. 対象サービス:
 スポンサードサーチ

2. 変更内容:
 自動入札タイプ「コンバージョン単価の目標値」を設定したキャンペーン、
 および配下の広告グループにおける、デバイス別入札価格調整率の設定
 が有効となる範囲の拡大について、実施日および設定の適用方法を以下
 のとおり変更いたしました。

 (変更前)2019年4月11日(木)実施
 (変更後)2019年4月11日(木)適用開始 ~ 2019年4月26日(金)まで
      の期間内で順次適用

3. 補足:
 本変更により、設定したデバイス別入札価格調整率は4月11日より徐々
 に適用されます。
 リリース開始当初は、配信された広告のうち数%が入力値のとおりに有
 効化されます。4月26日までの間に、順次すべての広告配信が入力値の
 とおりとなります。

                              以上

Text ends here Top of page