Developer Center > お知らせ > スポンサードサーチ 自動入札におけるデバイス別入札価格調整率の有効範囲拡大 実施日のお知らせ

ここから本文です

2019年03月27日

スポンサードサーチ 自動入札におけるデバイス別入札価格調整率の有効範囲拡大 実施日のお知らせ

文書管理番号:APIJ-FY18-2080

お客様各位

平素は弊社サービスに多大なるご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

先般、「スポンサードサーチ 自動入札におけるデバイス別入札価格調整率
の有効範囲拡大について(文書管理番号:APIJ-FY18-2065)」にてお伝えした、
機能改善の実施日が決定いたしました。
詳細を下記のとおりお知らせいたしますのでご確認ください。

今後ともYahoo!プロモーション広告をよろしくお願いいたします。

               記

  1. 対象サービス:
    スポンサードサーチ

  2. 実施日(予定):
    2019年4月11日(木)
    ※日程は変更になる場合があります。

  3. 概要:
    自動入札タイプ「コンバージョン単価の目標値」を設定したキャンペーン、
    および配下の広告グループにおいて、デバイス別入札価格調整率の設定
    が有効となる範囲を以下のとおり変更いたします。

    (変更前)
    「引き下げ率:100%」の設定のみ有効
    ※「引き下げ率:100%」以外の設定は、画面上は選択可能だが設定としては無効

    (変更後)
    「引き上げ率:0%~900%」「引き下げ率:1%~90%」の設定が有効
    ※「引き下げ率:100%」もこれまでどおり有効

  4. ご注意:
    「コンバージョン単価の目標値」を設定済みのキャンペーン、および
    配下の広告グループにおいて、デバイス別入札価格調整率に
    「引き下げ率:100%」以外の値を設定している場合、実施日以降、
    入札価格調整率の設定値が有効になることで、広告配信の傾向が変わる
    可能性があります。
    「コンバージョン単価の目標値」を設定済みのキャンペーンがある場合
    は、キャンペーンに設定したデバイス別入札価格調整率の見直し、
    および変更を、お早めにお願いいたします。


                              以上

Text ends here Top of page