Developer Center > お知らせ > スポンサードサーチ ダウンロードファイルおよび操作履歴への項目追加の完了

ここから本文です

2018年09月06日

スポンサードサーチ ダウンロードファイルおよび操作履歴への項目追加の完了

文書管理番号:APIJ-FY18-1940

お客様各位

平素は弊社サービスに多大なるご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。
先般、「スポンサードサーチ ダウンロードファイルおよび操作履歴への項目
追加について(文書管理番号:APIJ-FY18-1917)」でお伝えしたとおり、弊社
ではスポンサードサーチにおけるダウンロードファイルおよび操作履歴への項
目追加を完了しました。詳細を下記にまとめましたので、ご確認ください。

今後ともYahoo!プロモーション広告をよろしくお願いいたします。

                記

1. 対象サービス:
 スポンサードサーチ

2. 実施日:
 2018年9月5日(水)

3. 概要:
 スポンサードサーチにおけるダウンロードファイルに、以下の項目を追加し
 ました。
  ・キャンペーンタイプ
  ・広告表示の最適化
  ・ラベル
 上記の項目は、ダウンロードファイル内の「優先デバイス」列と「キャンペー
 ンID」列の間に追加されました。詳細は以下の図をご参照ください。
ダウンロードファイルの項目追加

 また、操作履歴に以下の項目を追加しました。
  ・ラベルID
  ・ラベル名
 上記の項目は、操作履歴内の「対象外キーワードID」列と「エンティティ」
 列の間に追加されました。詳細は以下の図をご参照ください。
 操作履歴の項目追加

 ダウンロードファイルおよび操作履歴を、お客様側でプログラムなどに取り
 込んで利用している場合は、必要に応じてプログラムの改修をご検討くださ
 い。

4. 本変更に伴うスポンサードサーチAPIへの影響:
 CampaignExportServiceにおいてexportFields項目を指定しない場合は、以
 下の項目を追加したすべての項目を取得します。
  ・キャンペーンタイプ
  ・広告表示の最適化
  ・ラベル
 対象はスポンサードサーチAPIの全バージョンです。
 具体的な項目名称は、getExportFieldsよりご確認ください。

 また、AuditLogServiceで操作履歴ファイルをダウンロードした際、以下の
 項目が追加されます。
  ・ラベルID名
  ・ラベル名
 対象はスポンサードサーチAPIの全バージョンです。

5. 補足:
 今回追加した「ラベル」などの項目は、2018年9月5日より広告管理ツールお
 よびキャンペーンエディターで開始した「ラベル機能」で使用します。
 スポンサードサーチAPIでは、次期バージョンアップでラベル機能に対応する
 予定です。詳細は追ってお知らせいたします。
 ラベル機能の詳細は、以下リリースノートをご参照ください。
 https://promotionalads.yahoo.co.jp/support/release/2018/0829526857.html

                              以上

Text ends here Top of page