Developer Center > お知らせ > スポンサードサーチAPI V201808 システムリリース完了のお知らせ

ここから本文です

2018年08月09日

スポンサードサーチAPI V201808 システムリリース完了のお知らせ

文書管理番号:APIJ-FY18-1904

お客様各位

平素は弊社サービスに多大なるご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

先般、「スポンサードサーチAPI V201808 システムリリースのお知らせ
(文書管理番号:APIJ-FY18-1890)」にてお伝えしたとおり、
スポンサードサーチAPIにおいてにおいて新バージョンをリリースいたし
ました。
詳細を下記のとおりお知らせいたしますのでご確認ください。

今後ともYahoo!プロモーション広告をよろしくお願いいたします。

               記

1. 対象サービス:
 ・スポンサードサーチ API サンドボックス環境
 ・スポンサードサーチ API プロダクション環境

2. リリースのバージョン:
 V201808(WSDLバージョン V201808)

3. 実施日:
 2018年8月8日(水)

4. 概要:
 スポンサードサーチAPI V201808のシステムリリースが完了し、以下の
 機能追加を行いました。

 ・動的検索連動型広告への対応
 ・デバイスをまたいだコンバージョン測定の設定値を変更
 ・「コンバージョン数を最大化」に替わる新しい自動入札タイプへの対応
 ・システムの保守、改善

 ※「コンバージョン数を最大化」に替わる新しい自動入札タイプへの
  対応について、機能の詳細および提供開始日程は決まり次第ご連絡い
  たします。
  提供開始の2~3週間前までにはご連絡を差し上げますので今しばらく
  お待ちください。

 また、サイトリターゲティングのターゲットリストに設定可能な有効
 期間(蓄積された訪問履歴をターゲティング対象として有効とする期間)
 の最大日数を以下のとおり変更しました。

 (変更前)180日→(変更後)540日

 ※初期値は180日から変更ありません。
 ※本変更は下位のバージョン(Ver.6.5.0、およびV201805)にも適用
  されます。

5. 補足:
 機能追加の詳細は以下のリリースノートをご確認ください。
 リリースノート
 https://github.com/yahoojp-marketing/sponsored-search-api-documents/blob/201808/docs/ja/ReleaseNotes.md

 スポンサードサーチ API V201808の仕様書は以下をご確認ください。
 仕様書
 https://github.com/yahoojp-marketing/sponsored-search-api-documents/blob/201808/docs/ja

6. スポンサードサーチ API Ver.6.5.0の提供終了について:
 スポンサードサーチ API Ver.6.5.0の提供を以下の日程で終了いたします。

 ・サポート終了日:2018年9月10日(月)
 ・システム終了日:2018年12月10日(月)

                              以上

Text ends here Top of page