Developer Center > お知らせ > YDN API Ver.6.1 システムリリース完了のお知らせ

ここから本文です

2017年12月21日

YDN API Ver.6.1 システムリリース完了のお知らせ

(2017年12月21日更新)
以下でお知らせしたとおり、2017年12月21日をもちまして
YDN API Ver.5.4のサポートを終了いたしました。
————————————————————
文書管理番号:APIJ-FY17-1893

お客様各位

平素は弊社サービスに多大なるご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

先般、「YDN API Ver.6.1 システムリリース延期のお知らせ(文書管理
番号:APIJ-FY17-1883)」にてお伝えしたとおり、YDN API Ver.6.1の
リリースが完了いたしました。これにより入札価格調整機能とアプリ
キャンペーンの追加に対応いたしました。また、それに伴いインポート
用テンプレートや操作履歴の一部の出力形式を変更いたしました。
詳細を下記のとおりお知らせいたしますのでご確認ください。

今後ともYahoo!プロモーション広告をよろしくお願いいたします。

               記

1. 対象サービス:
 ・YDN API サンドボックス環境
 ・YDN API プロダクション環境

2. バージョンアップの種類:
  マイナーバージョンアップ

3. リリースのバージョン:
  Ver.6.1(WSDLバージョン 6.1)

4. 実施日:
 2017年10月25日(水)

5. 概要:
 YDN APIにおいて以下の2つの機能を追加いたしました。

 (1)入札価格調整機能
  ターゲティング単位で設定できる入札価格調整機能を追加しました。
  入札価格調整機能とは、基準となる入札価格に対する増減率(引き
  上げ率、引き下げ率)を入札価格調整率として指定することで、広
  告配信の比重を調整できる機能です。
  これまで、ターゲティングごとに入札価格を設定する場合は、広告
  グループを複数用意する必要がありました。本機能を利用すること
  で1つの広告グループでまとめて入札価格の調整ができるため、
  シンプルなキャンペーンの構成での運用が可能になります。

 (2)アプリキャンペーン
  ■機能について
  アプリのプロモーション(アプリのインストール促進やアプリへの
  誘導)を目的としたアプリキャンペーンを追加しました。
  アプリキャンペーンでは、OSバージョンターゲティング機能や、
  アプリのインストール測定(コンバージョン測定)機能などが利用
  できるためより効果的なアプリのプロモーションが行えます。

  ・アプリのインストール計測には広告効果測定ツールの導入が必要
   です。
   詳細はご利用中のツール提供ベンダーにお問い合わせください。
  ・本機能の追加に伴い「キャンペーンタイプ」が新設されました。
   キャンペーンタイプは、キャンペーン作成時に広告出稿の目的に
   応じて選択します。なお、実施日以前に作成済みのキャンペーン
   のキャンペーンタイプは「標準キャンペーン」が自動で設定され
   ます。

  ■アプリキャンペーンへの移行のお願い
  ※標準キャンペーンでアプリのプロモーションを行っているお客様
   のみ対象の内容です。

  2018年春頃に、標準キャンペーンを利用したアプリのプロモーション
  が行えなくなる予定です。そのためなるべく早めにアプリキャンペーン
  への移行をお願いいたします。

  ・配信停止の時期や詳細については、詳細が決まり次第お知らせい
   たします。
  ・標準キャンペーンにおけるアプリのインストールなどの実績値は、
   アプリキャンペーンに引き継ぎできません。
  ・アプリのプロモーションを目的として、アプリキャンペーンと
   標準キャンペーンを同時に運用することは推奨されておりません。

6. 提供中の機能の変更について:
 上記の機能追加に伴い、以下の2点を変更いたしました。

 (1)インポート用テンプレート
  インポート用テンプレートの項目を変更しました。
  実施日以降、変更前のインポート用テンプレートは利用できません。
  最新版のテンプレートをダウンロードしてご利用ください。

  ※インポート用テンプレート編集マニュアルは以下のページよりダウ
   ンロードのうえ、ご確認ください。

  インポート用テンプレート編集マニュアル
 
 (2)操作履歴の出力形式
  以下の場合における操作履歴の出力形式を変更しました。実施日以降、
  変更後の出力形式に順次変更されますのでご注意ください。

  ・同一のターゲティング項目を複数変更した場合
   ‐変更前:1行でまとめて出力
   ‐変更後:差分だけを複数行に分割して出力
  ・「デバイス」のターゲティング項目を変更した場合
   ‐変更前:「広告グループ」項目の操作として出力
   ‐変更後:「ターゲティング」項目の操作として出力

 (3)レポートフィールドの一部変更
  YDN APIにおいてレポートフィールドを以下のとおり変更しました。  
  ・対象レポート
  ‐キャンペーンレポート
  ‐広告グループレポート
  ‐広告レポート
  ‐インタレストカテゴリーレポート
  ‐サイトカテゴリーレポート
  ※変更対象のレポートが一部追加になりました。

  ・追加フィールド一覧

フィールド名 日本語表示名称 XML属性 データ型
CAMPAIGN_TYPE キャンペーンタイプ campaignType STRING
APP_ID アプリID/パッケージ名 appID STRING
APP_NAME アプリ名 appName STRING
APP_OS アプリOS appOS STRING

7. YDN API Ver.5.4のサポート終了について:
 YDN API Ver.5.4のサポートを、2017年12月21日(木)に終了いたします。
 ※日程は変更になる場合があります。

8. 補足:
 YDN API Ver.6.1のリリースノートと仕様書は、以下のページをご確認ください。
 リリースノート
 https://github.com/yahoojp-marketing/ydn-api-documents/blob/6.1/docs/ja/releasenotes.md
 仕様書
 https://github.com/yahoojp-marketing/ydn-api-documents
  
                              以上

本文はここまでです このページの先頭へ