Developer Center > よくある質問 > アカウント運用 > レポート

ここから本文です
        

レポート

プロダクト共通

Q: レポートのテンプレートを、広告管理ツールで共有できますか。
A: 広告管理ツールで作成したレポートのテンプレートをAPIで取得・更新することはできません。
また、APIで作成したレポートのテンプレートも広告管理ツールで取得・更新もできません。

Q: 外部ツールにより作成されたレポート定義を自社のAPIを利用して確認または削除する事はできますか。
A: 外部ツールが作成したレポート定義を自社で運用するAPIを利用して確認することは原則できません。
また、代行認証アクセスで作成した、テンプレート設定されたレポート定義は、アプリケーションアカウントを削除しても削除されません。
削除する場合は、作成した外部ツールにより実施いただく必要があります。

Q: レポートの項目で、型がenumとなっているものについて、指定できる値をAPIで確認することは可能ですか。
A: ReportDefinitionServiceのgetReportFieldsより、利用可能なenum値を取得いただけます。

Q: ステータス確認の間隔はどれぐらいが推奨でしょうか。
A: 5-10分を推奨しています。

Q: 新規レポートを作成した時の、レポート作成時間はどれぐらいになりますか。
A: システムの負荷状況やアカウントデータの規模によって変わりますのでお答えいたしかねます。

Q: APIで取得したレポートと広告管理ツールのレポートおよび広告管理ツールのキャンペーン一覧で表示される数値に差異が発生します。
A: 各レポートの合計値に差異が発生するのは当社のシステム上の仕様となっております。
当社のシステムの仕様上、レポートデータは各レポート毎にコアなシステムと同期をとっており、同期のタイミングによって若干の差が発生する事がございます。

Q: レポートのサンプルをいただきたいのですが、可能ですか。
A: サンドボックス環境からレポートのサンプルを取得いただけます。そちらをご利用ください。

Q: スポンサードサーチから配信されたYahoo!ディスプレイアドネットワークのレポートをAPIで取得することは可能ですか。
A: いいえ、取得することはできません。

Q: レポートで取得できる項目を教えてください。
A: APIリファレンス(GitHub)をご参照ください。
スポンサードサーチ
YDN

スポンサードサーチAPI

Q: レポートの作成の上限はありますか。
A: APIリファレンス(GitHub)の値の制限ページをご確認ください。

Q: レポートのジョブは最大でいくつまで保持できますか。
A: APIリファレンス(GitHub)の値の制限ページをご確認ください。

Q: レポートデータは、いつまでさかのぼって取得できますか。
A: スポンサードサーチAPIでは、2011年11月10日以降のデータを取得できます。

Q: インプレッションがないデータをレポートで確認することができません。
A: 一部レポートでは、インプレッションのないデータは出力されない場合があります。詳細はレポートフィールドの項目をご確認ください。

YDN API

Q: レポートデータは、いつまでさかのぼって取得できますか。
A: YDN APIでは、13か月前までのデータを取得できます。

Q: 前日分の実績は何時から取得できますか。
A: 取得可能時間については明示していません。getClosedDateにて実績が取得可能な最新日時を確認できます。集計完了日が前日の日付となっていることをご確認ください。

Q: 当日のレポートを取得する事はできますか。
A: YDN APIでは、StatsServiceを提供しております。

Q: 同広告IDを持つレポート実績値が複数行返却されることがあります。
A: 同広告IDであっても実績値が複数行に渡り表示される場合があります。レポートフィールドをご確認ください。

        
Text ends here Top of page